SwedenHouse

芸能人じゃないよ、ザ・スウェーデン・ハウス

定期的に届く、スウェーデンハウスからの冊子『ザ・スウェーデン・ハウス』。芸能人のおうち?いえいえ、一般人(笑)。もう、ちょっとしたインテリア雑誌に載りそうなお宅が、毎号取り上げられている。見た目可愛いは、もうこれぞザ・スウェーデンハウスでございます。彼らが特別じゃないことは、もうオーナーになればわかる。どう、ケチっても、どう狭い敷地でも、このハウスメーカーで家を建てると大体こんな感じになる。

初めてモデルハウスを訪れたとき、義理の母が、

芸能人のおうちだねぇ

と感想を漏らした。それは褒め言葉でもあったが、内心、見た目重視で性能はダメなんじゃない?という意味だったと思う。私も一生一度の大きな買い物に賭けていいのか、という気持ちだった。

『スウェーデンハウスの評判で後悔、失敗しないために』はこちら→https://alajaponais.com/%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e3%83%8f%e3%82%a6%e3%82%b9%e3%81%ae%e8%a9%95%e5%88%a4%e3%81%a7%e5%be%8c%e6%82%94%e3%80%81%e5%a4%b1%e6%95%97%e3%81%97%e3%81%aa%e3%81%84%e3%81%9f

建てて10年経った今、この冊子を毎度パラパラめくり、スウェーデンハウスの性能の秘密だとか、読者のページ、懸賞などを見て、

うん、間違いなかった

と、胸を撫で下ろしている。初めてこの冊子が送られて手にした時は嬉しかった。まず、オーナー様宛、、という響きにうっとりした。

今は読み終わったら古紙回収、だが、当初は全部ファイルにした。担当者さんに、膨大な量になってしまいますよ、と笑われたのが今となったらわかる。あっと言う間にファイルしきれる量を超えた。

住み始めは嬉しくて嬉しくて、人もよく招待した。スウェーデンハウス?へぇ!そういうハウスメーカーなんだ。うん。そもそもね、、、とハジける私のスウェーデンハウス愛を来る人来る人、辛抱強く聞いてくれた。そして、お帰りに際には、、、とばかりに、よかったらこれ持って帰って!と、なかば、宗教勧誘のようにザ・スウェーデン・ハウスを配った。迷惑なことだったろうと思う。人んちの家のハウスメーカーの冊子もらって嬉しいわけがない上に断りにくい。

そんな私に、宣伝ありがとうございます(笑)、と担当者さんは冊子数部と、スポンジワイプをくださった。ワイプって北欧生まれなんですね。

だって本当にスウェーデンハウスが好きなんです。

芸能人じゃないよ、ザ・スウェーデン・ハウス はコメントを受け付けていません