My favorite

マキタのコードレス掃除機にサイクロンを後付けしてゴミを見える化したら掃除機の出番が増えた

マキタのコードレス掃除機を愛用している人は多いと思う。10年ぐらい前に、通販生活で話題になったあたりから広まったのかもしれない。それまでは、掃除機と言ったら、当然コードをつなぎつなぎ各部屋を重たいのを移動させながら使うもの、が当たり前だった。ハンドクリーナーみたいなのは昔からあったけど、車の中を掃除する、とか、2台目のサブとしてのイメージが強く、パワーも容量も申し訳程度で、手でするよりマシ、ぐらいのお粗末なものだった。そもそも乾電池で動くスタイルだった。そこに出てきた、マキタのコードレス。よく、ビルや鉄道周りの清掃で見かける業務用のやつが家庭に。サブではなくメイン。なんと言っても惹かれたのは、手軽さ。掃除機をかける、という行為の敷居を低くしてくれた。

マキタ掃除機https://www.makita.co.jp/product/syuuzin_series/index.html

掃除機は大きさも幅を取るし、出しっぱなしにはしたくないビジュアル。それがマキタコードレスの場合、スリムで幅を取らないだけでなく、定位置をクローゼットにしなくてもすんだ。

そもそも掃除機をかける時間は2時間も3時間もかかるわけではない。私の場合10分。え?10分?そう。大して頑張ってないのだ。一階を玄関から和室まで、さぁーっと移動する。階段登って、2回の各部屋をサーっと、、。細い場所はスルーする。例えば、電灯のかさ、だとか、ソファやタンスの上、みたいな場所はしない。ただただ床の見えてるとこを滑らすだけ。脱ぎっぱなしのパジャマや、出しっぱなしのカバンなんかも、チョコっと持ち上げてその下の床をザッと吸う。階段もしない。コンセントの抜き差しが面倒だし、第一片手に掃除機を抱えながらノズルを動かすことが大義。そんな正味10分の掃除でも、なんだか疲れた。

掃除って大事→カビに学べ!スウェーデンハウスの風水と闇

あぁ、それがマキタコードレスになってから、5分で終わる。クローゼットから出したらすぐ、スイッチオンで、以前と同じ一階から階段から二階まであっという間。しかも疲れない。本体も軽いし、階段もちゃんと一段一段さーっと吸う。目につくとこ、あちこち苦にならない。そう。掃除は念入りを一回するより、簡単なのを2回する方が綺麗をキープ出来る。そんな大満足のマキタコードレスに

サイクロンが後付け出来る

と知ったのは数ヶ月前。ヘェー便利そう。。サイクロンって大手メーカーでも見かけるけど、良さそうでも買い替える気は無かった。そこまでこだわってないし、今ので充分満足してるし。でも後付け出来る、ならいいね!古いのを捨てて新しく買うのは、もう使えないぐらい故障した場合にしたい。今のモデルに後付けでパワーアップ出来る、ということがとっても魅力的。

めっちゃゴミが見える!

コレが嬉しい。今まで中の紙パックに溜まってるんだろうなぁ、と思いながら一回一回確認することは無かった。時々、そろそろ捨てといた方が、、という時期に覗いてみて中身だけ捨てて、紙パックは何度も使い回していた。これ、そもそもアカンかったと思う。やっぱり紙パックに目詰まりしてるだろうし、吸い込むパワーにも影響してたと思う。新しいパックに頻繁に変えてあげるべきなんだろうけど、結構、消耗品の割に紙パックが高かった。正規品しかないし。それがサイクロンになったら、掃除の度に、カポっと開けてゴミ箱に捨てる。これが楽しい!えーー、こんなに吸ってる!って毎度驚く。一瞬で、こんなにホコリ吸うんだ、と頑張ったね、私、という気持ちになる。ぜひおすすめ。

マキタのコードレス掃除機にサイクロンを後付けしてゴミを見える化したら掃除機の出番が増えた はコメントを受け付けていません