Culture shock

Electric toilet seat I missed the most in abroad 海外で恋しいのは和食でも畳でもなくウォシュレット

Washlet is Japanese, It is said electric toilet seat.

ウォシュレットhttps://ja.wikipedia.org/wiki/ウォシュレット

海外旅行で何が恋しい、ってウォシュレットが恋しい。In abroad we miss the most is that. In Europe, in China, in the united states, there is no toilet like ours. トイレに気を使う姿勢は日本が優れている。

Torii gate the best souvenir from Japan?! 千本鳥居が人気だとは知ってたけどお土産にするとは

アラウーノが大好き。トイレという観念が変わったほど素晴らしい。This is my toilet. Open automatic, flush automatic and close automatic. The seat is kept warm. You see bubbles on the surface, makes no stains no smells. It is Panasonic, named Alauuno. I love this.

アラウーノhttps://sumai.panasonic.jp/toilet/

ロンドンもパリもそもそもトイレ自体が街にほとんど無い、という現状。In Japan, it is not difficult to find toilets anywhere. They are almost clean and tidy. Most of them are with electric seat. We think it is natural, so in abroad, we have to pay attention. After leaving hotel, we have to think about where we have to take a rest. Especially we have no idea we have to pay for it.

あっても当たり前のようにお金が要る。This is London. You see the word of free. I took a photo, and sent it to my sons and said be aware you have to prepare small coins to use toilet in abroad. They asked me ‘Is that very special toilet, like a music or some cosmetics, something like that?’

設備上、水質上、海外でウォシュレットの普及は難しいらしい。One day, my sons will go abroad and notice my word.

関空に着いた時、何よりホッとする日本のトイレ。ただ、関空内のトイレは外国からの人達も多く使うわけだからビックリするぐらい汚れてる場合も多い。清掃員の人はさぞかし大変だろうと思う。マナーがどうのこうのというのもあるかもしれないが、海外のトイレは汚れていることが普通だったりする。使った紙を排水が悪く詰まるから、という理由で流さず、横の備え付けのゴミ箱に入れる、という事情がある国も存在する。当然、とんでもなく悪臭だし、目に入るということも衝撃。だから日本に来ても同じようにされると、せっかくのトイレが台無しになる。これはもっと広めて行く必要があると思う。

公共のトイレは美しくあるべき

最近ではあまり見かけないトイレでよくある「後の人のために綺麗に」とか、男子トイレに「一歩前に」とかは、日本人にとっては当たり前にするようになり、無くなった。これらは当たり前になるまで時間がかかった。だから意識して発信していくのが大事。日本に来たらトイレは紙を水洗で流す。もしも汚したら自分で綺麗にする。後の人のことを考える、、

Electric toilet seat I missed the most in abroad 海外で恋しいのは和食でも畳でもなくウォシュレット はコメントを受け付けていません